液体物持込制限品

関西発国際線航空機客室内への液体物持込制限について

国土交通省の指示により、関西国際空港を出発する国際線就航機内客室への液体物の持込は、出国手続き後の免税店などの店舗で購入されたものを除き、以下の通り制限されています。

持込制限ルール

  • 100mlを越えるあらゆる液体物の客室内への持込は禁止です。

ただし、以下の物品は持込可能です。

  • 100ml以下の容器に入った液体物(但し、ライター用充填ガス等の機内持込禁止品は除く)で、容量1リットル以下のジッパーのついた再封可能な透明プラスチック製袋に余裕をもって入れられている場合(右写真参照)
  • 医薬品、ベビーミルク/ベビーフード、特別な制限食等
  • お客様お一人当たりのプラスチック製袋の数は1つのみです。持込にご利用できるプラスチック製袋のサイズの目安は、縦20cm以下×横20cm以下です。プラスチック製袋はお客様ご自身でご用意ください。空港内の薬局・コンビニ等でも販売しております。
  • 使い捨てライター(プリミキシングライター*除く)につきましても液体物容器となりますので、袋に入れて保安検査を受けていただきます。
  • 受託手荷物に液体物を入れることは可能ですが、一部ワレモノ等お預かりできない場合がございます。航空会社により持ち込めるものが異なりますので、ご利用になる航空会社にお問い合わせください。
  • 予告なしに規制の内容が変更される場合がございます。最新情報は国土交通省ホームページ、もしくはご利用の航空会社にご確認ください。

* ターボライター・ジェットライター・ブルーフレームライター等(お預けも持込できません)

持込禁止液体物の代表例


ゼリー類


プリン


ヨーグルト


漬物(液体物の含有量が多い物)


缶詰


味噌


シャンプー等


歯磨きチューブ


美容スプレー


洗顔料


ヘアクリーム

ただし、100ml以下の個々の容器で、それらの容器を1リットル以下のジッパー付き透明プラスチック袋に入れたものは持込可能。

出国手続き後に免税店で購入した場合は持込可能です

出国手続き後に免税店などの店舗で購入されたお酒、化粧品類等の液体物は、上記の制限にかかわらず機内へ持ち込み可能です。(100mlを超える物も持ち込みが可能です)

また、関西国際空港内の出国手続き後の免税店で、STEBsの取扱いを導入しております。乗り継ぎ時の液体物に対する量的制限規制のために、これまで免税店にてお酒や化粧品等の液体物を購入できなかったお客様も、購入できるようになります。

備考・注意事項

市中又は空港内の一般エリアにある消費税免税店で購入した飲料類、化粧品類等の液体物については、量的規制の対象となることから、スーツケースに入れて受託手荷物としてお預けいただく必要がございますのでご注意ください。

手荷物検査の効率化を図るため、上記プラスチック製袋およびラップトップコンピューター(ノートパソコン)等電子機器類はお荷物から取り出し、それぞれ個々に検査員にご提示ください。また、コート、ジャケット等上着類は検査場にて他の手荷物とは別々に検査いたします。事前にご用意のうえ検査員にご提示いただき、X線検査をさせていただきます。