AED(自動体外式除細動器)

AED(自動体外式除細動器)

関西国際空港では、日本の空港で初めて「一般市民の方が使えるAED」を第1ターミナルビル館内に27台、第2ターミナルビル館内に19台、エアロプラザ、ホテル、展望ホール等に8台、空港島内で合計54台設置しています。

場所
第1ターミナルビル 1F:
2F:
3F:
4F:
国際線ゲートエリア:
国内線ゲートエリア:
第2ターミナルビル 一般エリア(国際線):
一般エリア(国内線):
国際線ゲートエリア:
国内線ゲートエリア:
関空展望ホール エントランスホール メインホール(各ホール4F)

AEDについて

  • Automated External Defibrillator を略して「AED」と呼ばれています。
  • 日本では「自動体外式除細動器」と呼ばれ、心停止(心室細動)を起こした人に電気ショックを与えて細動を取り除く(除細動)医療機器です。
  • AEDの使用は、これまで医師等にのみ認められていましたが、2004年7月1日から「一般の市民の方も使える」ようになりました。
  • AEDのふたを開けると自動的に電源が入り、音声ガイダンスに従って操作するだけのもので、初めての人でも操作可能です。
  • 心臓マッサージと人工呼吸による心肺蘇生法(CPR)とともに使用することで、救命率が向上します。
  • 関西国際空港では、「英語+日本語」の2カ国語で音声ガイダンスができるAEDを導入しました。