フライト案内表示器

国際線出発案内表示器

 

フライト案内表示器

第1ターミナルビル4F国際線出発フロアには、国際線出発案内のメイン表示器として、出発便情報の他、スクロールメッセージや画像でお客様へ向けた出発の際のお知らせを表示しています。
日英中韓4カ国語の案内表示により多くのお客様への案内を可能とし、50インチ表示器を10台連接して大画面により表示しています。

TFTフライト案内表示器

 

TFTフライト案内表示器

TFT液晶によるフライト情報を表示しています。国際線出発用、到着用や国内線出発用、到着用の表示器があり、日英中韓の4カ国語で表示しています。旅客ターミナルビル各所に配置しており、フライト情報を身近に把握できます。

アクセス交通案内表示器

 

アクセス交通案内表示器

関西国際空港から移動するお客様に対して、鉄道・バス・船のダイヤ情報・運航状況・乗り場を表示しています。また、自動車を利用されるお客様にも、関西国際空港周辺の渋滞情報や事故・工事などの規制情報、各地への所要時間も案内しています。

航空機位置表示器

 

航空機位置表示器

関西空港に向かう航空機が、現在どこを飛行しているかの情報をわかりやすく表示するため、従来の文字によるフライト情報案内に加え、動画による航空機位置情報を表示しています。第1ターミナルビル国際線到着口(北、南)及び国内線到着口に設置し、次の2画面構成により到着便情報(便名、出発地及び機種)を提供しています。関西国際空港が日本で初めて開始したサービスです。

スカイビューシステム

 

スカイビューシステム

関西空港に向かう航空機の現在位置を日本地図上に表示しています。

フライトアニメーションシステム

 

フライトアニメーションシステム

関西空港近辺に達した航空機を3Dによるアニメーション動画で表示させるもので、平成19年8月2日から既に見学展望ホールにおいても運用しています。