関西国際空港から直行便が就航している都市を
ピックアップし、旅がもっと楽しく、得する最旬NEWSをお届けします!
第一回
ハワイ・オアフ島 〜2019年、最新スポットを旅しよう〜
第一回目で紹介するのは、みんな大好きハワイ!オアフ島は今、「食」も「遊び」も「ホテル」も猛スピードで進化中。そんなハワイの最新情報の中でも、特に話題になっている6つのスポットを紹介します!

Text by Keiichi Izawa、Photo by Akira Kumagai
オープン早々、ロコの間で話題沸騰!「美食のハワイ」を印象づける話題の新店へ
GOURMET
オープン早々、ロコの間で話題沸騰!
「美食のハワイ」を印象づける話題の新店へ
今ハワイでもっとも予約困難なアイランドフレンチ
PARIS. HAWAII
パリ・ハワイ
フランス料理の伝統的技法が、ハワイの豊かな食材とマリアージュ。そんな、聞くだけでもワクワクするコンセプトのフレンチレストランがワイキキに誕生しました。エグゼクティブシェフを務めるのは、パリの老舗ビストロ「Le Clown Bar」でスーシェフとして活躍していた山中祐哉さん。2015年にハワイに移住後、離島を含めたさまざまな食文化や生産者、食材と向き合い、たどり着いたのがこのパリ・ハワイでした。 典型的なハワイ料理だったガーリックシュリンプやアヒポキを見事にフレンチに昇華させるなど、サプライズが詰まったプリフィックスのコースは$85。 ワインやビールのペアリングはもちろん、お酒が苦手な人にはティーのペアリングも用意されているのが嬉しいポイントです。 すでにグルメなハワイ通やローカルの間では「もうパリ・ハワイは行った?」が合言葉。席は17:30〜と20:00〜の2回転で完全予約制。 調理を目の前で見られるシェフズテーブルは常に混み合うため、日本出発前に予約を入れることをお勧めします。
413 Seaside Ave. #2F Honolulu
PARIS. HAWAII パリ・ハワイ
PARIS. HAWAII パリ・ハワイ
PARIS. HAWAII パリ・ハワイ
PARIS. HAWAII パリ・ハワイ
PARIS. HAWAII パリ・ハワイ
CAFÉ MOREY’S カフェ・モリー
CAFÉ MOREY’S カフェ・モリー
CAFÉ MOREY’S カフェ・モリー
CAFÉ MOREY’S カフェ・モリー
CAFÉ MOREY’S カフェ・モリー
朝食激戦区モンサラットにオープンしたニューフェイス!
CAFÉ MOREY’S
カフェ・モリーズ
ボカーツやバナンなど、人気カフェがひしめくモンサラット通りに2018年5月にオープン。こちらのサーモンエッグ・ベネディクト($15)はちょっと変わっており、イングリッシュマフィンではなく、フランスパンの上にトッピング。スモークサーモンとアボカド、ソースが絶妙なハーモニーを奏でる、おすすめ朝食メニューです。対抗馬は、ミックス・フルーツ・パンケーキ($13.50)。ハワイの定番メニューながら、キャラメリゼされたバナナや、ヨーグルトや白玉粉などがブレンドされた軽やかな生地など、新しい食感が楽しめます。もしランチやディナーなら、ガッツリ系でバターの香りが食欲をそそるモーリーズ・フライドライス($9.50)もトライして欲しい一品。実はこちらのお店、かつて「カハラ・マンダリン・オリエンタル・ホテル」の日本食レストランの総料理長だったタテモリさんという日本人がシェフを務めており、何を食べても繊細で、口にあうおいしさ!店名の由来も、なるほど「カフェ・モリーズ」なのでした。
3106 Monsarrat Ave. Honolulu
グランドオープンからフルリノベーションまで、目まぐるしく進化するワイキキホテル事情
HOTEL
グランドオープンからフルリノベーションまで、
目まぐるしく進化するワイキキホテル事情
ツインタワーが完成し、ラグジュアリーな全貌が明らかに!
Ritz-Carton Waikiki Residence
リッツ・カールトン・ワイキキ・レジデンス
2009年にトランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキがオープンして以来、ワイキキでは久々のラグジュアリーリゾートの開業とあって、多くの人が心待ちにしていたリッツ・カールトン。2016年7月に「エヴァタワー」が先行オープンし、もう一棟の「ダイヤモンドヘッドタワー」も2018年10月にようやく完成となりました。計552室の客室は、全部屋オーシャンビュー、かつキッチンを備えたレジデンス型。設備の高級仕様はもちろん、日本人に嬉しい浴槽や温水洗浄便座の完備、ゆとりある客室スペースなど、これまでのハワイの高級ホテルのイメージを刷新させるインパクトがあります。さらに、ワイキキでもっとも高い階に位置するインフィニティプールや、人気店舗「すし匠」「DEAN & DELUCA」など、共有部の話題性も抜群。その一方で、子連れのゲストには、ウェルカムカクテルならぬウェルカムおもちゃが用意されるなど、「さすがリッツ」と言わしめるスタッフの心配りが随所に。いつかは泊まって見たい、そしてまた泊まりに戻りたい!と、これから多くのファンを虜にすることでしょう。
Ritz-Carton Waikiki Residence リッツ・カールトン・ワイキキ・レジデンス
Ritz-Carton Waikiki Residence リッツ・カールトン・ワイキキ・レジデンス
Ritz-Carton Waikiki Residence リッツ・カールトン・ワイキキ・レジデンス
Ritz-Carton Waikiki Residence リッツ・カールトン・ワイキキ・レジデンス
Ritz-Carton Waikiki Residence リッツ・カールトン・ワイキキ・レジデンス
Queen Kapiolani Hotel クイーン・カピオラニ・ホテル
Queen Kapiolani Hotel クイーン・カピオラニ・ホテル
Queen Kapiolani Hotel クイーン・カピオラニ・ホテル
Queen Kapiolani Hotel クイーン・カピオラニ・ホテル
Queen Kapiolani Hotel クイーン・カピオラニ・ホテル
大規模リノベーション&唯一無二の立地で、最注目のホテルに
Queen Kapiolani Hotel
クイーン・カピオラニ・ホテル
総額30億円ともいわれる改装工事を終え、2018年10月にグランドオープンを果たしたのがクイーン・カピオラニ・ホテル。正直、それまでは低バジェット向けのホテルというカテゴリーでしたが、改装後は「ミッドセンチュリー・モダン」をコンセプトに、まるで別のホテルかのようにおしゃれに生まれ変わりました。中でも印象的だったのは、3階に位置するメインダイニング、DECK(デック)からの景色。遮るものがなにもなく、大迫力のダイヤモンドヘッドビューは、このホテルだけの特権です。当然客室も綺麗にリノベーションされており、ナチュラルで落ち着くインテリアカラー、そして枕元のUSBポートなど、快適な滞在ができること間違いなし。眺望もシティビューから、ダイヤモンドヘッドビュー、プレミアムオーシャンビューなど、予算や希望にあわせて選択肢豊富なのが嬉しいところ。ワイキキ中心部からは少し外れますが、逆にカピオラニ公園やカイマナビーチ、モンサラット通りに近いこのロケーションを楽しめる、ハワイリピーターにおすすめしたいホテルです。
150 Kapahulu Ave. Honolulu
カヤックや貸切クルーズ、ハワイの大自然に触れる最新アクテビティ!
ACTIVITY
カヤックや貸切クルーズ、
ハワイの大自然に触れる最新アクテビティ!
デラックスチャーターで、サンドバーの絶景を独り占め!
キャプテンブルースの天国の海(サンドバー)
カネオヘ湾の「天国の海」と呼ばれる遠浅の海(サンドバー)へ上陸する、キャプテンブルースのツアーは、ここ数年ハワイでずっと予約が取りづらい人気のアクティビティ。 ブルーのグラデーションが美しい湾内を、クルーズで進んでいくシーンはまさにこの世のものとは思えない美しさなのですが、この天国の海をさらに満喫するのにおすすめなのがプライベートチャーター! 1日2組限定で、6名まで乗船可能。通常のツアーだと、当然他のお客さんと混載になりますが、このチャーターなら家族やカップルで、カネオヘ湾とコオラウ山脈の絶景を、文字通り独り占めすることが可能です。 実は6名集まれば通常のツアーとそれほど変わらない値段(通常ツアーはひとり$135、プライベートチャーターは$900)で乗船でき、ツアー同様SUPやシュノーケリングも楽しめます。 2018年10月にデビューしたデラックスチャーター($1200)は、オープンキャビンでさらに船内が広く、360度景色を楽しむことが可能。 リーフの周りでは、かなりの高確率でホヌ(ウミガメ)に出会うことができます。
キャプテンブルースの天国の海(サンドバー)
キャプテンブルースの天国の海(サンドバー)
キャプテンブルースの天国の海(サンドバー)
キャプテンブルースの天国の海(サンドバー)
キャプテンブルースの天国の海(サンドバー)
KUALOA RANCH HAWAII クアロア・ランチ・ハワイ
KUALOA RANCH HAWAII クアロア・ランチ・ハワイ
KUALOA RANCH HAWAII クアロア・ランチ・ハワイ
KUALOA RANCH HAWAII クアロア・ランチ・ハワイ
KUALOA RANCH HAWAII クアロア・ランチ・ハワイ
チャイナマンズハットへ渡るカヤックツアーがスタート
KUALOA RANCH HAWAII
クアロア・ランチ・ハワイ
かつては王族しか立ち入ることを許されなかった聖地、クアロア・ランチ。現在は東京ドーム450個分の広大な敷地の中で、乗馬や四輪バギー、ジップラインなどさまざまなアクティビティが体験できる観光スポットですが、迫り来るコオラウ山脈と、深い緑が織りなす光景など、古代から変わることのない鳥肌級の大自然が残っているエリアでもあります。『ジュラシックパーク』をはじめとしたハリウッド映画の舞台としてもたびたび登場し、ロケ地ツアーも人気のプログラム。そんなクアロア・ランチに2019年に登場したのが、カヤックツアー。所要時間は約2時間、クアロア・ランチ目の前のビーチから、チャイナマンズ・ハットの愛称で知られるモコリイ島まで、ガイド(英語)が付いてカヤックで渡ります。途中、浅瀬のサンドバーやシークレットアイランドに立ち寄ったり、カヤックから降りて泳いだりと、美しい東海岸の海を堪能。ふと振り返り、コバルトブルーの海越しに見るコオラウ山脈は、疲れも忘れさせてくれる圧巻の光景です。
49-560 Kamehameha Hwy. Kaneohe