KIXトリビア

関空についての謎や不思議を調査します!

2 関空が「KIX」と呼ばれるのはなぜですか?

関空を英語で表したときの「Kansai International Airport」の頭文字からとった関空のコードなのです。このコードは世界中の空港についており、国際運送協会(IATA)が決めています。国際民間航空機関(ICAO)がきめる4文字のコードもあります。この場合の関空は、「RJBB」となります。

頭文字をとれば「KIA」となるのですが、でもなぜ「KIA」ではなく「KIX」なのでしょうか。関空ができたときにはすでにパプアニューギニアのKAIAPIT(カイアピット)空港が「KIA」というコードを使っていましたので、関空が「KIA」を使えませんでした。

そこで3番目の文字を変えることになりましたが、「KI」に続く文字で、たまたま空いていた文字は「I」と「X」しかなかったため、発音がしやすく、きいた感じも良い「KIX」となったのです。