国際線をご利用のお客様へのお知らせ

関西空港をご出発し、海外空港で乗り継ぎをされるお客様も空港内の免税店で酒・化粧品等の液体物を購入できるようになりました!

2015年10月27日(火)より、関西国際空港内の出国手続き後の免税店で、STEBsの取扱いを開始いたしました。乗り継ぎ時の液体物に対する量的制限規制のために、これまで免税店にてお酒や化粧品等の液体物を購入できなかったお客様も、購入できるようになります。

変更点

これまで

海外の空港で国際線を乗り継ぐお客様へは、液体物に対する量的制限規制*により、100mlを超える酒等の液体物の販売を空港内免税店において控えておりました。

*100mlを超える液体物を航空機内へ持ち込むことを制限する国際的なルール。100mlを超える液体物を所持したまま日本出発時の保安検査場を通過できない。同様に、空港内免税店において購入した100mlを超える液体物を所持したまま乗り継ぎ先空港の保安検査場を通過できない。

変更後(2015年10月27日(火)以降)

関西国際空港を出発して、海外の空港で国際線を乗り継ぐお客様も、100mlを超える液体物を購入時にSTEBsに封入することで、関西国際空港内免税店でお酒や化粧品等の液体物を購入できるようになりました。ただし、乗り継ぎ空港で保安検査を受けるまで開封しないことが必要です。

STEBs
(Security Tamper Evident Bags/不正開封防止袋)

液体物に対して不正干渉を防止するため、国際的にルール化された特別な袋。封をした後にあけた場合、開封されたことが確認できる特殊な仕様となっており、乗り継ぎ検査前に開封すると乗り継ぎ先空港の保安検査場を通過することができません。

STEBs導入店舗

関西国際空港内免税店等 20店舗
(第1ターミナルビル 17店舗、第2ターミナルビル3店舗)
※2015年10月27日時点

備考・注意事項

  • STEBsを導入していない国や地域もございます。乗り継ぎ空港でSTEBsが導入されているかどうかにつきましては、購入される際に免税店スタッフにお問い合わせください。
  • 乗り継ぎ空港でSTEBsに封入されている液体物の検査をさせていただく場合がございます。現地保安検査官の判断により自主放棄になる場合もございますので、あらかじめご了承ください。
  • 市中又は空港内の一般エリアにある消費税免税店で購入した飲料類、化粧品類等の液体物については、量的規制の対象となることから、スーツケースに入れて受託手荷物としてお預けいただく必要がございますのでご注意ください。
  • 乗り継ぎの無いお客様は、従来通り出国手続き後の免税店などの店舗で購入されたものは機内にお持込いただけます。

参考リンク

最新情報は国土交通省のサイトをご確認ください。