• LCC就航都市数「日本No.1」の関西国際空港から海の向こうへ さぁ、みんなでLCC旅!

    • 文字サイズ
      • 小
      • 中
      • 大

話題のLCCで、新しい旅のカタチを発見!

LCCモニター旅行レポートLCC monitor travel report

  • モニターレポート
  • 鹿児島
  • 釜山
  • 台北
  • マニラ
  • 沖縄
  • ソウル
  • 香港
  • シンガポール
  • クアラルンプール

Peachで行く 鹿児島2泊3日の旅

Peachで行く

鹿児島2泊3日の旅

Peachで行く 鹿児島2泊3日の旅

悠然とそびえる活火山・桜島や指宿名物の砂むし温泉をはじめ、自然、温泉、歴史、グルメなど魅力いっぱいの鹿児島。
関西から約1時間で行ける手軽さから、人気を集めています。

"鹿児島も親子2人旅もPeachもはじめて。桜島や砂むし温泉、娘の好きな水族館に行きたい!"

鹿児島で体験してみたいことや旅の意気込みをお聞かせください!

"鹿児島も親子2人旅もPeachもはじめて。桜島や砂むし温泉、娘の好きな水族館に行きたい!"

鹿児島旅行体験モニター:猪井直樹さん、優愛さん

鹿児島レポートに挑戦していただくのは、やさしい笑顔が素敵な直樹さんと、娘の優愛さん(4歳)。実は今回、鹿児島へ行くのもパパと娘の2人旅も、Peachに乗るのも初という、初めて尽くしの旅。「桜島や指宿名物の砂むし温泉はもちろん、娘が大好きな水族館にも行ってみたい!」とワクワクの一方で、「ママがいなくて大丈夫かな?」と内心ドキドキの直樹さん。父娘水入らずの鹿児島2人旅、さっそくレポートをご覧いただきましょう!

Peachについてはこちら

旅プランの紹介

■旅行期間:2013年2月26日(火)~28日(木)
■利用したLCC:Peach
往路:2月26日(火)12:05 関西国際空港発→13:20 鹿児島空港着
復路:2月28日(木)17:20 鹿児島空港発→18:25 関西国際空港着

  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目

1日目 スムーズなチェックインでLCCのイメージが変わった!約1時間で鹿児島へ到着

「戸惑うかな…」と心配だったチェックイン。スタッフの方の親切な案内でスムーズに完了!「戸惑うかな…」と心配だったチェックイン。スタッフの方の親切な案内でスムーズに完了!

「戸惑うかな…」と心配だったチェックイン。
スタッフの方の親切な案内でスムーズに完了!

妻に見送られて、初の父娘水入らずの旅行に出発。娘はちょっと遊びに行く程度に考えているようでしたが、パパは(ママがいない2泊3日を楽しく過ごせるかな?)とちょっぴり心配していました。
“LCCは早めのチェックインが必要”というイメージがあったので、2時間前に関西国際空港に到着。まずは、搭乗手続きを行うために、無料の連絡バスを使って第2ターミナルビルへ。機械操作でのチェックインは戸惑うかな…と思っていましたが、スタッフの方が丁寧に対応して下さり、すんなりとチェックインが完了。搭乗までに時間があったので、早めの昼食を済ませ、その後は国内線のゲートエリアで出発まで小休憩。オレンジや赤のポップな色合いのキッズマットがあり、娘も退屈せずに遊んでいました。

シートの狭さなんて気にならない!娘とお喋りしているうちにあっという間に鹿児島へシートの狭さなんて気にならない!娘とお喋りしているうちにあっという間に鹿児島へ

シートの狭さなんて気にならない!
娘とお喋りしているうちにあっという間に鹿児島へ

出発時間が近付き、搭乗ゲートから飛行機までは徒歩で移動し、いよいよ離陸。窓から見下ろす景色を娘と楽しみながら過ごしていると、気付いたらもう鹿児島に到着。シートの狭さも気にならず、まさにあっという間の1時間の空の旅でした。鹿児島空港に到着したら、あいにくの雨模様。でも、初日に予定していた「いおワールド かごしま水族館」は屋内のため問題なし!水槽内で自由に泳ぎまわる魚をじっと見つめたり、声をかけたりと大喜びの娘を見て、初の親子旅を心配していた気持ちも吹っ飛びました。

DATA
いおワールド かごしま水族館
鹿児島県指宿市山川福元3339-3
[アクセス] JR鹿児島中央駅からバスで約15分、「かごしま水族館前」下車またはJR鹿児島中央駅から市電で15分、「水族館口」下車徒歩8分

露天風呂から眺める桜島に2人感動!鹿児島の方の温かさとやさしさに触れました露天風呂から眺める桜島に2人感動!鹿児島の方の温かさとやさしさに触れました

露天風呂から眺める桜島に2人感動!
鹿児島の方の温かさとやさしさに触れました

水族館を楽しんだ後は、市街地からも近く、桜島が一望できる人気の宿泊施設「城山観光ホテル」へ。「お撮りしましょうか?」とホテルの方に声をかけていただき、玄関前でパチリ。部屋に入ってひと息ついた後は、展望露天温泉「さつま乃湯」へ。温泉から桜島を眺めることができ、父娘で「おぉ~~!」と感動しながら、旅の疲れを癒しました。
温泉で汗を流したあとはお待ちかねの夕食。娘が食事をしているところや料理の写真をパシャパシャと撮影していると、隣で食事をしていた方から「お二人の写真を撮りましょうか?」と声をかけていただきました。皆さんのやさしさに触れ、楽しい旅の1日目は終了しました。

【1日目のタイムスケジュール】12:05 関西国際空港発 →13:20 鹿児島空港着 →15:00 いおワールド かごしま水族館 →
18:00 宿泊ホテル着 →19:00 ホテル内で夕食

Page top

2日目 「いぶたま」に乗って指宿名物・砂むし温泉に初挑戦!身も心も癒されました

人気列車「いぶたま」に乗って指宿へ。子どもが飽きずに楽しめる工夫いっぱいの列車に大興奮!人気列車「いぶたま」に乗って指宿へ。子どもが飽きずに楽しめる工夫いっぱいの列車に大興奮!

人気列車「いぶたま」に乗って指宿へ。
子どもが飽きずに楽しめる工夫いっぱいの列車に大興奮!

2日目は、「特急 指宿のたまて箱」に乗って指宿(いぶすき)を目指します。このユニークな名前の特急は、薩摩半島に伝わる竜宮伝説をテーマにした列車で、浦島太郎の「たまて箱」にちなんだもの。乗車時に煙に見立てた霧の演出があることでも人気の列車です。
この列車は子ども用の背の低いカウンターや本棚のあるソファーコーナーなど、子ども向けの設備が充実。娘は「浦島太郎」や「天女のはごろも」など、たくさんある本の中から思い思いの絵本を選んでいました。

人気列車「いぶたま」に乗って指宿へ。子どもが飽きずに楽しめる工夫いっぱいの列車に大興奮!人気列車「いぶたま」に乗って指宿へ。子どもが飽きずに楽しめる工夫いっぱいの列車に大興奮!

途中、小腹がすいたので、車内限定スイーツの「いぶたまプリン」を購入。黒ゴマの「黒」と「カスタード」の白で車体をイメージしたプリンで、よほど美味しかったのか娘一人でぺろりと完食。パパはたった一口しかもらえず、ちょっぴり残念でした…(涙)。
そうこうしているうちに、約50分で指宿駅に到着。お目当ての「砂むし温泉」へ行く前に、パパの希望でJR最南端の駅、西大山駅へ。田園風景が広がる無人駅で、真正面に開聞岳(かいもんだけ)が望めるこの駅は、観光客にたいへん人気のある観光名所なんだとか。娘は、駅に設置してある「幸せのベル」を何度も鳴らして遊んでいました。

DATA
特急 指宿のたまて箱
鹿児島中央駅から指宿駅まで約50分(1日3往復 毎日運転 全席指定)
※鹿児島中央駅から指宿・西大山駅まで往復できる2種類のきっぷを販売。詳しくはJR九州WEBサイトをご覧ください。

日本唯一の天然砂むし温泉を初体験!心地よい南風を感じながら、うっとり夢心地…日本唯一の天然砂むし温泉を初体験!心地よい南風を感じながら、うっとり夢心地…

日本唯一の天然砂むし温泉を初体験!
心地よい南風を感じながら、うっとり夢心地…

西大山駅を後にして次は指宿名物「砂むし温泉」に初挑戦!まずは浴衣を着用し、砂の上に横たわり、ほどよい温度に蒸された砂をかけてもらいます。ぽかぽかと温かい砂の中で、南の潮風を感じながらパパは身も心も癒され、うっとり夢見心地に。娘には少し熱かったのか、砂から這い上がり、砂遊びに熱中していました(笑)。
「砂むし温泉」を存分に堪能した後は、行きと同じ「いぶたま」に乗り、再びホテルへ。時間があったので、ホテルから見える桜島の夕景色をパチリ。ホテルの方いわく、日によっては霞んで見えづらいこともあるようですが、滞在中ははっきりと雄大な姿を楽しむことができました。

DATA
砂むし会館砂楽
鹿児島県指宿市湯の浜5-25-18
[アクセス]
JR指宿駅より車で約5分

【2日目のタイムスケジュール】9:54 鹿児島中央駅発(特急いぶたま) →10:46 指宿駅着 →11:00 西大山駅着 →12:00 砂楽(砂むし温泉) →14:00 中国料理 「紅龍」でランチ →14:34 指宿駅発(特急いぶたま) →15:49 鹿児島中央駅着 →17:00 鹿児島市内でお土産選び →19:00 ホテル内で夕食

Page top

3日目 歴史好きなパパの待ちに待った3日目。
娘は大好きなスタンプラリーに挑戦しました

歴史好きなパパの待ちに待った3日目。娘は大好きなスタンプラリーに挑戦しました

歴史好きなパパの待ちに待った3日目。
娘は大好きなスタンプラリーに挑戦しました

いよいよ今日で旅も終わり。まずは、鹿児島の撮影スポットといえば、西郷隆盛銅像。8mの大きな銅像をバックに写真を収め、続いてはパパが楽しみにしていた「仙巌園(せんがんえん)」へ。ここは、第19代当主・島津光久が築庭したもので、幕末には敷地内に大砲鋳造、ガラス工場などを造り、日本の近代化に大きく貢献した場所だそうです。パパは歴史的な背景を楽しみ、娘はスタンプラリーにチャレンジ。敷地内のスタンプを探し求めて楽しそうに走り回っていました。

DATA
仙巌園
鹿児島市吉野町9700-1
[アクセス]
バス停仙巌園前からすぐ

桜島のダイナミックな自然に圧倒!修学旅行生と意気投合し、「叫びの象徴」で熱唱

桜島のダイナミックな自然に圧倒!
修学旅行生と意気投合し、「叫びの象徴」で熱唱

続いて向かったのは、桜島。鹿児島港フェリーターミナルから船で約15分。間近で見る桜島のダイナミックさに2人ともただただビックリ!周辺にある、桜島の噴火の歴史や自然について学べる「桜島ビジターセンター」や「赤水(あかみず)展望広場」にも立ち寄りました。この広場は、2004年に長渕剛のオールナイトコンサートが行われた場所としても有名。コンサートを記念したモニュメント「叫びの象徴」を見学していたら、観光中の修学旅行生に遭遇。学生たちと意気投合し、気付いたら長渕剛の名曲を一緒に熱唱(笑)。今回の旅で特に印象に残った、一期一会の出来事でした。

パワースポットとして注目を集める「霧島神宮」へ。霧島の大自然から、パワーをもらえましたパワースポットとして注目を集める「霧島神宮」へ。霧島の大自然から、パワーをもらえました

パワースポットとして注目を集める「霧島神宮」へ。
霧島の大自然から、パワーをもらえました

続いて向かったのは、近年パワースポットとしても注目を集める霧島神宮。国歌「君が代」のなかで詠われている「さざれ石」を見たりおみくじを引いたり、巡礼するだけでパワーをもらえた気がしました。お昼の時間になり、観光タクシーの運転手さんに教えてもらった「猪肉そば」を味わえるお店へ。やはり地元の方のオススメだけあって味は抜群!娘もおつゆまで飲み干していました。
お腹が満たされたら、次は人気のレジャースポット、「霧島神話の里公園」へ。遊覧リフトで頂上までのぼると、霧島の山々をはじめ、桜島や錦江湾までが一望。景色の美しさだけでなく、ロードトレインやスーパースライダーなど子どもが喜ぶアトラクションもたくさんあり、娘も大興奮!霧島の大自然のなか、パパも童心に帰って思いっきり体を動かしました。

DATA
霧島神話の里公園
霧島市霧島田口2583-22
[アクセス]
JR霧島神宮駅から車で約15分

温泉の蒸気を利用した名物グルメに舌鼓。帰りのチェックインはスムーズにクリア!温泉の蒸気を利用した名物グルメに舌鼓。帰りのチェックインはスムーズにクリア!

温泉の蒸気を利用した名物グルメに舌鼓。
帰りのチェックインはスムーズにクリア!

鹿児島土産を求めて、旅の最後に立ち寄ったのが「霧島温泉市場」。霧島茶をはじめ、地のものを使った特産品が並ぶなか、目を引いたのが温泉の蒸気を利用した温泉たまごや蒸しサツマイモ。ほっくりとあま~く、娘と奪いあいながら味わいました。帰りの便までまだ時間があったので、坂本竜馬と妻のお龍が立ち寄ったとされる「塩浸温泉」にも足を運び、夕方までめいっぱい鹿児島観光を楽しみました。
帰りの搭乗手続きは、行きにスタッフの方に教えていただいたので難なくクリア。空港ロビーから飛行機までのバス移動も、旅慣れてきた娘がパパを先導するカタチで歩いてくれ、たった3日間でしたが娘の成長を感じました。飛行機に乗り込んだ瞬間、3日間の疲れが出たのか、到着までぐっすり夢のなかへ。関西国際空港でお迎えに来ていたママを見た途端、疲れが吹っ飛んだようで満面の笑顔を見せ、ママに抱きついていました。

DATA
霧島温泉市場
霧島市牧園町高千穂3878-114
[アクセス]
JR霧島神宮駅から車で約20分

【3日目のタイムスケジュール】8:00 宿泊ホテル発 →9:00 西郷隆盛銅像、仙巌園、尚古集成館 →10:00 桜島 →13:00 霧島神宮 →
14:00 霧島神話の里公園 →15:00 霧島温泉市場、塩浸温泉 →17:20 鹿児島空港発 →18:25 関西国際空港着

Page top

LCCの印象がガラリ!とっても心温まる親子2人旅になりました

「関空から行く、LCCモニター旅行」はいかがでしたか?

LCCの印象がガラリ!とっても心温まる親子2人旅になりました

初めての鹿児島旅行だったのですが、とにかく驚いたのが地元住民の方の温かさ。タクシーに乗ると運転手さんが、レストランに入ると店員さんだけでなく、お客さんもが気さくに声をかけて下さり、心温まる旅行になりました。「4歳の娘にはまだ早いかな」と思っていた霧島神宮や桜島観光も終始大はしゃぎ。楽しみにしていた黒豚やさつま揚げはもちろん、採れたてのフレッシュな苺など地元グルメもたっぷり堪能しました。旅行前はLCCに対して「安かろう、悪かろう」のイメージがありましたが、大きな誤解!こんなに気軽に旅行ができるなら、もっとLCCを活用していこうと思います!

鹿児島 旅ルート&フォトギャラリー

  • LCC路線図
  • LCC徹底比較
  • モニターレポート
  • 鹿児島
  • 釜山
  • 台北
  • マニラ
  • 沖縄
  • ソウル
  • 香港
  • シンガポール
  • クアラルンプール

TOP

Copyright © 2016 Kansai International Airport All Rights Reserved.