• LCC就航都市数「日本No.1」の関西国際空港から海の向こうへ さぁ、みんなでLCC旅!

    • 文字サイズ
      • 小
      • 中
      • 大
  • TOP
  •  > みんなで選ぶ!LCC旅グランプリ

みんなで選ぶ!LCC旅グランプリ グランプリおよび各賞を発表!

  • 最優秀賞
  • 優秀賞
  • 入賞
  • ノミネートされたすべての旅プランを見る

最優秀賞 無料往復航空券

エアアジアX無料航空券(クアラルンプール往復)
エアアジアX無料航空券(クアラルンプール往復)
セブパシフィック航空無料航空券(マニラ往復)
セブパシフィック航空無料航空券(マニラ往復)
エアプサン無料航空券(プサン往復)
エアプサン無料航空券(プサン往復)
チェジュ航空無料航空券(ソウル往復)
チェジュ航空無料航空券(ソウル往復)
ピーチ無料航空券 関西(大阪)=沖縄(那覇)間に使用いただけるピーチポイント4万円分
ピーチ無料航空券 関西(大阪)=沖縄(那覇)間に使用いただけるピーチポイント4万円分

クアラルンプールコース

エントリーNo.3 LCCをフル活用!ロープライスで行く異文化体験・5つ星ホテル宿泊のプチセレブ旅 N.Yさん

(左)バトゥ・ケイブ、(右上)ザ・マジェスティックマラッカホテル(右下)マラッカの街並み、

(左)バトゥ・ケイブ、(右上)ザ・マジェスティックマラッカホテル(右下)マラッカの街並み、

<1日目>
関西国際空港(D7 533)11:00発→クアラルンプール国際空港16:45着→スカイバスでKLセントラルへ→Tune hotels Downtown KLチェックイン→ブキッビンタン(街歩き&お買い物)→屋台街Jl. Alor(夕食)

<2日目>
バスでクアラルンプールからマラッカへ移動→海南鶏飯団で名物のチキンライス(昼食)→歴史情緒溢れる町並みを散策→マラッカリバーサイドのお洒落なホテルでティータイム→セントポール教会の丘から夕日鑑賞→僑生餐館でニョニャ料理(夕食)→バスでクアラルンプールへ戻る

<3日目>
インビマーケットで屋台(朝食)→色鮮やかな南国フルーツ市場を見学→無料シティバスでセントラルマーケットへ→国立モスク見学→ムルデカ・スクエア見学→Tune hotelsチェックアウト→最後の夜は贅沢に5つ星ホテルに宿泊→SURIA KLCC買い物センター(買い物)→SURIA KLCC内のレストランMadam Kwan'sでマレーシア名物ナシレマなど(夕食)→ドレスアップしてKLベストバーに選ばれたSky bar→間近で見える迫力のぺトロナス・ツインタワーの夜景鑑賞→夜のKLCC公園を散歩

<4日目>
涼しい朝の間にヒンドゥー教の聖地バトゥ・ケイブ見学→タクシーでクアラルンプール国際空港15:00発→関西国際空港(D7 534)22:25着

投票者のコメント

4日間の日程でも、クアラルンプール、マラッカ、バトゥ・ケイブと3箇所を効率的に巡っている。また、節約だけでなく、最終泊は5つ星ホテルと、メリハリがあるのが良い。(40代男性)

私もマラッカとバトゥ・ケイブに行ってみたいと思ったので。過去3回、他エリアへの乗継でクアラルンプールに滞在したものの、クアラルンプール市内しかウロウロしたことがないので、一度行ってみたいと思います。またバトゥ・ケイブも魅力的です。私はヒルトンのエグゼクティブスィートに泊まりたいなと思います。(40代女性)

マニラコース

エントリーNo.1 アジアNo.1ビーチ・ボラカイビーチでリゾート気分満喫旅 I.Kさん

(上)モール・オブ・アジア、(下)ボラカイ島のプカシェルビーチ

(上)モール・オブ・アジア、(下)ボラカイ島のプカシェルビーチ

<1日目>
関西国際空港(5J827)20:40発→マニラ国際空港23:50着→エアポート近隣のマリオットホテルで宿泊

<2日目>
マニラ→ボラカイビーチ(アジア一番のビーチ日本で味わえない異国の楽しみ)→ビーチ近郊でのBBQ(昼食)→ビーチ及びショッピング(ボラカイならではの商店街で、新旧入り混じったショッピングを楽しむ)→夜ホテルでのプライベートディナーシックに落ち着いて食事をとりながら、少し値の張るホテルでは花火も食事見ながらgood。アジアンテイストの寝室でgood night…。

<3日目>
ボラカイ→マニラ リゾート気分で激安マッサージ(体験したことがない男性でも必ず気に入ります→アジア最大級モール「MOA(モールオブアジア)」(買い物)→ゴーカート(スピード感ばっちり日本で行うより半額以下。男性必見!

<4日目>
ホテルバイキング(朝食)(夜ご飯かと思うぐらいの種類豊富!)→商店街散歩(ただ子どもは要注意!)→マニラ国際空港(5J828)15:20発→関西国際空港19:55着

投票者のコメント

ぜひこのプランで行きたいと思うプラン。楽しみたいです。(40代男性)

マニラコース以外は、行ったことがあるし、似たようなプランを体験したことがあったのですが、マニラは行ったことがないし、ボラカイビーチも気になっていた渡航先だったので投票しました。また先日、台風の影響でフィリピンが大変なことになっているので、今後行く人が増えて少しでも復興に役立てばと思い投票しました。(40代女性)

プサンコース

エントリーNo.1 「お勤めご苦労さん!」退職中年男4人のグルメ旅プラン慶州・全州・釜山3泊4日 N.Sさん

※イメージ

※イメージ

<1日目>
関西国際空港(BX123)10:40発→金海国際空港12:10着→「善徳女王」ロケ地・新羅ミレニアムパーク慶州で本格的韓国宮殿スタイルホテルに宿泊

<2日目>
国立慶州博物館月城雁鴨池など新羅王宮遺跡で千年の都を偲ぶ→新慶州駅からKTXで食の都、全州市へ→百済の都全州の歴史散策(慶基殿豊南門南部市場)→宿泊韓屋でパンソリ体験→マッコリ横丁居酒屋で宴会(夕食)→韓国オンドル式韓屋宿泊

<3日目>
コンナムルクッパ(もやし雑炊)(朝食)→全州韓屋村付近散策→釜山市へバスで移動→金井山城マッコリと黒山羊プルコギ(昼食)→繁華街「西面」(買い物)→海鮮鍋ヘムルタン(夕食)→韓国最後の夜、2次会はカンジャンケジャン(ワタリガニの醤油漬)で一杯→深夜チンジルパン入浴→ビジネスホテルのオンドル部屋宿泊

<4日目>
釜山名物の豚肉雑炊・テジクッパ(朝食)→釜田市場で海産土産探し(買い物)→サムギョプサルとテジカルビ(昼食)→金海国際空港(BX122)16:30発→関西国際空港17:50着

※移動はタクシーまたは徒歩

投票者のコメント

外してませんね~!ロケ地あり歴史ありグルメあり地方ありで、抜群です!!
ソウルはリピしまくってるんですが、地方はなかなか行けてなくて。この3泊4日でこのコースなら大満足しそうです。
是非、体験してみたいと思わせる素敵なプランだと思います。
(40代女性)

男性の旅プランですが、女性でも楽しそう。食事も観光も漫喫出来そうだし、
ツアーでは行けないところや2次会とかすごく興味があります。
(30代女性)

ソウルコース

エントリーNo.4 "韓方"効果で心も身体もリフレッシュ旅!! Y.Mさん

※イメージ

※イメージ

<1日目>
関西国際空港(7C130)11:50発→仁川空港13:50着→ソウル市内へ→韓方茶カフェで韓方茶と薬菓、韓方の足湯を楽しむ!→韓方エステで旅の疲れをとる!→参鶏湯(夕食)。疲労回復効果を期待!→東大門でショッピング→明洞のホテルで宿泊

<2日目>
あわび粥(朝食)→韓方医院で鍼治療→韓定食(昼食)→外国人韓方医療体験場で韓方石けん・韓方香り袋作り・韓方茶の試飲・韓方医による体質診断や鍼灸体験。全て無料!→韓医薬博物館・ソウル薬令市を散策し、韓方薬剤や韓方茶を購入(買い物)→サムギョプサル(夕食)→韓国ミュージカル・ショー観覧→明洞のホテルで宿泊

<3日目>
ソルロンタン(朝食)→明洞散策→金浦空港→空港内でビビンバ(昼食)→大型スーパー&免税店(買い物)→仁川空港(7C1482)14:30発→関西国際空港16:10着

投票者のコメント

2泊3日とは思えないほど、さまざまな韓国ならではのリフレッシュ方法を試せる点に魅力を感じましたヾ(*´▽`*)(20代女性)

韓方にもともと興味があり、エステは経験済みですが、薬令市場などは訪ねてみたいところだから。
LCCで運賃を安くあげた分は、現地で少し豪華に過ごすという点にも共感しました。今月私もLCCを使い渡韓し、憧れのムートンコートをセミオーダーGETしました!
(50代女性)

沖縄コース

エントリーNo.5 コーラルブルーの海を満喫&慶良間列島でシュノーケリング!ついでに那覇市内観光もできちゃうオトクな3日間 A.Kさん

(上)古座間味ビーチ、(左下)ジャッキーステーキハウス、(右下)琉球茶房あしびうなぁ

(上)古座間味ビーチ、(左下)ジャッキーステーキハウス、(右下)琉球茶房あしびうなぁ

<1日目>
関西国際空港(MM211)7:00発→那覇空港9:20着→レンタカーで移動→北谷(ちゃたん)町CLIMAX COFFEEハンビー本店でアメリカンパンケーキ(朝食・昼食兼用)→渡久地港~(高速艇)~水納島でシュノーケリング、体験ダイビング→渡久地港瀬底島着→瀬底ビーチで夕景鑑賞→北谷着(泊)

<2日目>
ホテル発→泊港~(高速船)~座間味島古座間味ビーチまたは阿真ビーチに移動、ビーチシュノーケルなどを堪能→座間味港にあるまるみ食堂で定番の沖縄定食(昼食)~(高速船)~泊港ブルーシール牧港本店で紅芋、サトウキビ、シークワーサーなどのアイスを堪能→日本の夕日100選に選ばれたサンセットビーチの夕日を鑑賞(北谷泊)

<3日目>
ホテル発→那覇市内着。首里城正殿金城町石畳道牧志第一公設市場国際通りなどを散策。時間があれば壺屋やちむん通りでシーサーの絵付け体験→旭橋にあるジャッキーステーキハウスで古き良き時代の沖縄ステーキ(昼食)または首里城近くの琉球茶房あしびうなぁ(要予約)で沖縄料理(昼食)→瀬長島着→琉球温泉「龍神の湯」→レンタカーを返却し、送迎で第1ターミナルへ→小物のお土産はここで補充し、さらにターミナル1 階「空港食堂」または4階「海来」の回転寿司(夕食)→那覇空港(MM220)20:50発→関西国際空港22:35着

投票者のコメント

やっぱり沖縄に行ったら海に入らなきゃ、ということで一票。(ただし、冬には厳しいプランですが)。
海だけでなく、観光・グルメも入っていて、短い期間ながらも沖縄が満喫できそうです。
(40代女性)

沖縄といえば、シュノーケリング!あわせて市内も満喫できるおせち料理のような弾丸プランにひかれました。(40代女性)

※エアライン賞、投稿者への当選発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。

TOP

Copyright © 2016 Kansai International Airport All Rights Reserved.